かぼちゃの種類

ホーム » かぼちゃの種類

当社で生産しているかぼちゃは以下の通りです。

  • えびす
  • 雪化粧
  • くり将軍
  • ハロウィン
  • アトランティックジャイアント
  • メルヘン
  • 栗ゆたか
  • まさかり
  • おもちゃかぼちゃ
  • 白い九重栗


昔から「冬至にカボチャを食べると長生きする」と、言われているように、カボチャは粘膜を強くするカロテンをはじめ、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCを多く含む緑黄色野菜です。現在の主要品種は西洋種から品種改良されたものですが、大きく分けると下記の3種類になります。

日本かぼちゃ
(東洋種)
16世紀にポルトガル船によって九州に渡来し日本各地に広がったカボチャです。 本州の気候に合ったものが多く、東京南瓜、小菊南瓜、錦糸瓜、鹿々谷南瓜などがあります。日本料理店などで使われています。
西洋かぼちゃ
(西洋種)
南アメリカの高原乾燥地帯原産で19世紀に渡来し、北海道を中心に広がったカボチャです。寒冷地に適しており「えびす」など、現在の主要品種は西洋種を改良したものです。カロテンや糖質が多く含まれ加熱するとホクホクした食感になります。
ペポカボチャ ハロウィン類やおもちゃカボチャ類など形がユニークで、観賞用に栽培されているものの多くが分類されます。ズッキーニやプッチーニ、殻むきしないで種子の食用利用が可能なストライプペポもこちらに分類されます。
最近注目されているストライプペポの種はとても栄養価が高く、ドイツでは「薬用カボチャ」と呼ばれているそうです。

私たちが作っています。